※記事内に広告が含まれています

飲み会嫌いの営業マンが教える嫌われずに一次会で帰るコツ4選【2次会行きたくな人必見】

飲み会
  • 眠たくて早く帰りたい。
  • これからグダグダと何時に終わるか分からない2次会になんて参加したくない
  • でも、なんて言って帰ればいいか分からない、、、
  • 2次会を断って帰っら嫌われてしまうのではないか

2次会はうまく断らないと嫌われてしまいます。しかし断り方さえ間違わなければ、好感度アップさえ勝ち取れます。

そこで当記事では、嫌われずに2次会を断り、1次会で帰るコツを解説していきます。

この記事を書いている私自身も、飲み会が嫌いです。

特に社会人になりたてくらいは「早く帰りたい!!」と常に感じながら、2次会に参加していました。

しかし、今では1次会だけを余裕でこなし、すぐに帰れるようになりました。

その為、書いてあることを理解し実践していただければ、100%嫌われることなく1次会で帰ることが出来ます。

興味のある方は、是非最後まで読んでみてください。

1次会で帰るコツ

最初の段階で終わりの時間を伝える

理由としては、相手がショックを受ける割合を減らすためです。

1次会がお開きになったときに帰ることを伝えてしまうと、ショックが大きいので最初にジャブを打つイメージです。

例えば、

  • 会社で誘われたときに「21時までなら入れるんですが、それでも大丈夫ですか?」
  • 居酒屋に向かっているタクシー降りた際に「すいません、伝え忘れてたんですが、今日21時まで帰らないといけので1次会で失礼します」

などです。

ポイントは、ノリとか勢いに負けないために相手がシラフの時に伝えることです。

事前に帰ることを伝えることで「2次会に行かないノリの悪い奴」ではなく、「都合が悪いなか飲み会に来てくれるいい奴」に評価が変わります。

どうせならいい評価をもらうために、帰る時間を事前に伝えましょう。

明日の朝が早いことにする

理由としては、適当でもいいから理由を付けると相手が納得しやすくなるからです。

例えば、「なんで?」と聞かれたときに「特に予定はないんですけど、、、」なんて言ってしまうと、「予定がないんやったら行くぞ!」と無理やり連れていかれる可能性があります。

なんでもいいので理由を伝えましょう。

具体的な例としては以下があります。

  • 朝早くから予定がある
  • 実家に帰る
  • 両親が遊びに来る

1つ注意点です。

伝えいる予定(帰省する)と実際の行動に違いがあるのがバレてしまうと、確実に信頼をなくします。

予定と異なる外出をする際は、見つからないように注意しましょう。

誰かに迎えに来てもらっていることにする

理由としては、他人のせいに出来るから少し気が楽になるからです。

例えば、自分の意志で「帰ります!」と言うのと、「すいません、嫁が迎えに来てて」と言って断るのでは相手に与える印象も違います。

具体的には、「自分は2次会も行きたいけれども仕方なく1次会で帰る」というアピールが出来ます。

ただし、使いすぎには要注意です。

なぜなら「2次会も行かせてくれない嫁」というイメージを会社の人からつけられると嫁の印象が悪くなってしまいます。

本手法を使って1次会で帰るときは事前に嫁、または彼女の許可を得ましょう

全体と逆の動きをする

理由としては、場の空気や勢いに流されないためです。

例えば、飲み会終わって居酒屋の外でグダグダしているいる場合はさっと「お疲れさまでした!!」とって帰りましょう。(私はあの時間が大嫌いです)

外でのグダグダは中で話したりなかったことを話しているのに加え「皆2次会どうするのかな?」と様子を伺っているのです。

なので1人さっと帰っても、何の影響もありません。

「2次会に行こう!」と決まる前に帰ってください。

逆に2次会に行くことが全体として決まっていて、ぞろぞろ2次会に向かっているときは、その場を動いてはいけません

自分の目的は帰ることです。

「お疲れ様でした」と言ってとどまりましょう

大丈夫です、皆酔っぱらっているのでそんなに覚えていません。

このように、場の空気や流れに身を任せると、1次会で帰ることが難しくなってしまいます。

強い意志をもって、全体と違う動きをしましょう。

出来ることから実践して1次会で帰ろう!!

1次会で帰るコツ4つをご紹介しました。

  • 最初の段階で終わりの時間を伝える
  • 明日の朝が早いことにする
  • 誰かに迎えに来てもらっていることにする
  • 全体と逆の動きをする

特に1つ目の「最初の段階で終わりの時間を伝える」はシラフ時なので、場のノリ的なものがありません。

その為比較的言いやすいと思います。

逆に一番ハードル高いのが、4つ目の全体と逆の動きをするです。

強い意志が必要になりますので、単体だと一番ハードルが高いです。

とはいえ、すべて単体でしか使えないものでもありません。

  • 「明日の朝早いので今日は21時に帰らせていただきます」
  • 「嫁が迎えに来ますので21時には帰らせていただきます。」
  • また普通に「21時に帰らせていただきます」といって動かなかったり
  • さっと帰ったり

4つを組み合わせて、1次会でうまいこと帰る方法を見つけていただければと思います。

あくまで手法なので、とにかく1次会で帰れればなんでもOKです。

自分の自由時間を確保しましょう。

以上参考になればうれしいです。

最後まで読んでいただきありがとうございました!!!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました