※記事内に広告が含まれています

辛くても仕事が暇なときにやるべき4選【まだ間に合う!】

仕事
  • 会社でやることがなくて、辛い、肩身が狭い、、、
  • バリバリ仕事している後輩と比べると情けない、、、
  • 責任もなくて楽だけど、このままでいいのかな、、、

良い訳がありません。

このままだと、やばいです。この後の会社人生で大きく苦労します。

当記事では、後の会社人生で苦労しないために、

  • なぜ今辛いのか
  • どうして暇になるのか
  • 仕事が暇なとき何をすればいいのか

を紹介しています。

記事の内容を実践していただくことで、確実に「後の会社人生」苦労せずに済みます。

是非最後まで読んでみてください。

なぜ仕事が暇だと辛いのか

  • 周りと差がついていないか不安だから
  • 時間が過ぎるのが長く感じるから
  • 給料もらっているのに、罪悪感が芽生えてる

周りと差がついていないか不安だから

もし、自分の知らないところで「大学の同級生」「部活の仲間」が、バリバリでかい案件をこなしているかもしれないと思ってしまうと、とても不安になります。

なぜならSNSとか同窓会でマウント取られたりするからです。

比較されたときに、自分は会社でただ時間が過ぎているのを耐えているだけなのにと思ってしまうと、とても辛いものがあります。

時間が過ぎるのが長く感じるから

人間には体感時間があります。

例えば、小さい時夕飯までに帰る約束をしていたのに、いつの間にか時間を過ぎてしまって母親に怒られた経験は無いでしょうか。

このように何か没頭したり、忙しく働いていると時間はすぐに過ぎてしまうものです。

しかし何もしていないと、とてつもなく長く感じ辛くなってしまいます。

給料もらっているのにと罪悪感が芽生えてしまう

理由としては、めっちゃ働いている人と同じ給料をもらっているからです。

例えば、等級が同じなら残業を除くと基本給は同じです。

しかし、「営業でバリバリ契約をとってきている同期」「会社で暇をしている自分」が同じ給料もらっててもいいのかと思ってしまうと、辛く感じると思います。

なぜ暇になるのか

  • 与えられる業務量が少ない
  • 出来る業務が少ない
  • 業務レベルが低く、すぐ終わってしまう

与えられる業務量が少ない

以下の理由から、業務を任せられる人として認識されていません。

  • スキルがない
  • ミスが多い
  • 雇用契約の問題

原因は人それぞれだと思います。

そのため上司に聞いてみると良いでしょう。

しかし、直球で聞いてしまうと、うざがられるかもしれないので、話の流れでさらっと聞くことをお勧めします。

出来る業務が少ない

基本的にはスキルと経験がないことが大きな要因です。

例えば、新入社員とベテラン社員を比較するとできる業務は明らかに違います。

スキルも経験も全く違うからです。

経験はこれから行動して培っていくしかありませんが、スキルは自分の頑張り様です。

少し背伸びしたら届きそうな目標をたて、スキルや知識の取得を試みましょう。

業務レベルが低く、すぐ終わってしまう

外部環境が悪い例です。

あなたに合った環境ではないといいます。

例えば、あなたが「幼稚園」「保育所」のひらがなの読み書きのテストを、1時間かけてやると言われたとします。

ものの数分で終わって、残りの時間暇になりますよね。

先ほども記載しましたが、自分が少し背伸びしたら達成できる目標やタスクを設定しましょう。

ちょうど良いストレスになると言われています。

程よくストレスを感じる環境を選択するようにしましょう。

仕事が暇な時何をすればいいのか

  • 自己分析、事故の振り返り
  • 人の手伝い
  • 会社が推奨している、資格の手伝い
  • 会社の人がめんどくさいと思っていることを率先してやる

自己分析、自分の振り返り

今後の戦略を立てるために必要不可欠です。

  • 自分が今なぜ、どのように辛いのか
  • どのスキルを得ることができれば改善されるか
  • いつどのように改善していくのか

以上のことをわからなければ正しく前に進めません。

例えば、現在地と目的地もわからずにゴールにたどり着くのは不可能です。

そのため、現在地と目的地をしっかり認識するために自己分析、今までの振り返りをしましょう。

人の手伝い

理由としては、1番簡単に時間を潰せるし、手伝いをした次の日から自分の仕事になるからです。

例えば、家の手伝いなどを母又は嫁からを頼まれた時を思い出してください。

次の日に、やっていないと「同じこと何回も言わせないで!!」と怒られると思います。

つまりは、「出来るのなら、今度からはあなたの仕事よ!」という意味が込められています。

会社も同様の認識で行くと業務を増やすことに成功します。

また、手伝いが成功すると、そのレベルの事はできると認識されます。

そうすると、自分の能力を示す良い機会にもなります。

次の日から「あれやってきました。」または「やっておいて大丈夫ですか?」と言われる前にやると好感度もアップします。

会社が推奨している資格の勉強

理由としては、できることを増やせるからです。

仕事が暇になる理由として「できることが少ない」ことをあげました。

資格の取得は手っ取り早く、「自分これできます」とアピールできる武器の1つです。

例えば、英検、簿記などです

英語と会計が出来ることのアピールになります。

  • どんなことができる人材が欲しいのか
  • アピールするためには、どんな資格を取ればいいか
  • どのくらい勉強して、リターンはどのくらいあるのか

上記のことをしっかり考えたうえで、資格の勉強を始めましょう。

しかし、考えるのがめんどくさいという方もいると思います。

めんどくさい方は会社が推奨している資格を取得すればいいでしょ。

1つ注意点としては、業務時間に勉強するのでバレないようにするか、上司の許可を取りましょう。

会社の人がめんどくさいと思っていることを率先してやる

理由としては、めんどくさいこそ人のニーズだからです。

例えば

  • 掃除
  • ゴミ出し
  • コピー機の用紙補充
  • 備品の整理

こういったやったほうがいいけど、めんどくさくて後回しになっていることって結構あります。

後回しになっていることを見つけて、率先してやると時間つぶせるし、人から感謝されので、一石二鳥です。

まとめ

当記事では、後の会社人生で苦労しないために、

  • なぜ今辛いのか
  • どうして暇になるのか
  • 仕事が暇なとき何をすればいいのか

を紹介していきました。

【なぜ仕事が暇だと辛いのか】

  • 周りと差がついていないか不安だから
  • 時間が過ぎるのが長く感じるから
  • 給料もらっているのに、罪悪感が芽生えてる

【なぜ暇になるのか】

  • 与えられる業務量が少ない
  • 出来る業務が少ない
  • 業務レベルが低く、すぐ終わってしまう

【仕事が暇な時何をすればいいのか】

  • 自己分析、事故の振り返り
  • 人の手伝い
  • 会社が推奨している、資格の手伝い
  • 会社の人がめんどくさいと思っていることを率先してやる

以上、参考になれば幸いです。

今回も最後まで読んでくださり、ありがとうございました!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました